3学会呼吸療法認定士申し込みの準備から受講決定まで

呼吸療法認定士

今回お話すること

分かりにくい、郵便局での申請方法や対象の経歴年数などを実体験をもとにお話しされていただきます。

なお、私が、申し込み、受講決定したのは2020年の第25回になります。ご参照ください。

3学会合同呼吸療法認定士とは

「3 学会合同呼吸療法認定士」認定制度は、臨床工学技士、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士の中で、それぞれの職種において呼吸療法を習熟し、呼吸管理を行う医療チームの構成要員を養成し、かつそのレベルの向上を図ることなどを目的としています。

あくまでも学会の認定にとどまるもので、国家の認める資格で為し得る業務の拡大や業務独占・名称独占などにかかわるものではない。

受講対象

臨床工学技士(ME):経験2年以上
看護師     :経験2年以上      

准看護師    :経験3年以上
理学療法士(PT) :経験2年以上
作業療法士(OT) :経験2年以上

となっています。准看護師のみ3年、その他は2年の経験年数が必要です。

また、この経験年数は免許発行日が4/1以降の場合、働き初めて〇年というカウントではなく、それぞれの免許が発行されてからの年数になります。

わかりにくい場合次からの例を参考にしてください。

受講対象 経験年数の例

受講ができない例

※例 2018年4月1日にA病院に採用になった新卒Aさん。しかし、免許の発行日は4月15日になってしまいました。この場合、経験年数は2020年4月14日で2年になります。今回の事前申し込みが4月15日であったので申し込みをすることができません。

受講できる例

※例 2018年4月1日にA病院に採用になった新卒Bさん。免許の発行日は3月28日。この場合は働き始めた4月1日からカウントすることができます。そのため今回の申し込み期限4月15日でギリギリ2年になり申し込みができます。

実はこの受講できる例の方が私です。。。

同じ年に免許を取った仲間でも免許の申請のタイミングにより今年受講できるできないの違いが出てしまいます。これから受講する方は注意してください。

事前登録

2020年第25回の講習会の申し込みでは

Email登録:3月2日(月)10時~4月10日(金)16時まで

こちらのEmail登録は定員があるものではないので特に焦って行う必要はありません。ただ、職場に経験が2年あることの証明(職務経歴書)を規定の書式で書いていただく必要があるので遅くても1週間前くらいには事前申請を終えた方が良いと思います。

また新卒2年でぎりぎりの方は4月1日以降のEmail登録であれば免許の発行日がそれ以前であれば問題なく経験2年として経歴書を提出することができます。

郵便局で提出する前の事前準備

この郵便局への提出が一番の山場です。

4500人の定員が毎年あっという間に埋まると聞きます。なのでしっかりとした準備をして受講を勝ち取りましょう。

確認することは以下の点です

⓵開始の8:00に空いている郵便局を探す

こちらは、各県にある中央郵便局と言われる郵便局であればおそらく大丈夫です。ゆうゆう窓口が8:00に開いていることを必ず前日までには確認してください。

                                                                           

➁書類に不備がないか

当然ですが、書類に不備があれば、どれだけ早くに申し込みができても受講できません

前日、そして当日の朝もしっかりと確認して封をしておきましょう。

郵便局での申請

ご参考に私の当日の状況をお話します。

私は地方に住んでいます。中央郵便局のゆうゆう窓口に並びました。局員さんも不思議がって説明すると『あーそんな時期ですか』という反応でした。笑  

私は、1時間前の7:00に到着しましたが誰もいませんでした。なのでまあ1時間前に並べばほぼ確実に受講できるのではないかと思います。

その郵便局で待っていた状況では

5分後に1人、20分後に1人、30分後で2人

そこから先はどんどんと人が来て開始時には後ろに20人はいました。

確実に受講をしたければ、1時間前に並べばなんとかなるのではないかと思います。笑

例年からのイレギュラーな出来事

2020年に大流行した、伝染病の影響で東京での講義のはずが、E-ラーニングに変更されました。

おそらくこれまで25回の歴史で初めてのことではないでしょうか・・・

そして受講決定の通知が郵送からメールに変わることもお知らせされました。

受講決定

5月28日に月末にお知らせがあるとされていた、審査結果の通知がありました。このようなメールが来ました。

ここまで長かったですが、ここからようやくスタートです。

まとめ

・申し込みは臨床工学士、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士ができる。

・必要経験年数は准看護師は3年、それ以外は2年

・経験年数は新卒2年の場合、免許の発行日も影響する可能性があるのでしっかり確認する

・郵便局の申請は朝早くから全国の郵便局で並ぶため書類の準備・確認と8:00に開いている郵便局(ゆうゆう窓口)のリサーチは必ずしておく。

・一時間前の7:00にならべばおそらくほぼ受講できる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました