オクラの発根・発芽

植物

オクラの種を発芽させるには

オクラの種を効率良く発芽させるには、ぬるま湯に1日つけてから植えるのが効率が良いそうです。

理由はオクラの種は硬い皮で覆われていて、水が吸いにくいためです。

今回はオクラを1日水につけて、そのあと濡らしたティッシュペーパーの上において発芽の様子を観察したのでまとめていきます。

今回はサカタのタネのおてがる5角オクラを利用しました。

1日目

初日は、最初に書いたように水に一日つけてみました。

1日目(4月24日)

1日目です。今回は、紙コップにひと肌程度のお湯を注ぎ種を沈めてみました。その後、水の温度は冷えますが特に何もせず24時間経過させました。

注意

ここで水に浮く種が出てくるかもしれません・・・

今回の経験では、この段階で水に浮いてしまっている種は発芽しませんでした。発芽を急いでいる方はご注意ください!

2日目

2日目(4月25日)

2日目です。

もう何となく、種の先から白い点(根)が見えてきましたね。やはり、しっかり一日水につけると早いですね。

3日目

3日目(4月26日)

3日目です。

ここから他に育てている植物の腐葉土が落ちてしまい土混じりになっています。。、ご了承ください。

2日目よりもしっかり種の先から白い根が見えてきました。3日目で土に入れて育成を始めたものもあるので数が減っています。土に植えた日の違いによる変化は今後まとめていきます!

4日目

4日目(4月27日)

4日目です。しっかりと根が出てきました。

5日目

5日目(4月28日)


5日目です。

もう誰が見ても白い発根が分かりますね。

1つ根が出ていないものは初日に水に浮いていたものです。やはり浮いているものは難しいようですね。。。

6日目

6日目(4月29日)

6日目です。ティッシュを交換しました。

しっかり根が出ています。やはり初日に浮いていた一つめ根を出しません。

おそらくこれ以上ティッシュの上で育てる必要はありません。土に植えるタイミングの比較もしていますが、栄養がないため3日目に土に植えたものとはかなりの成長の差がでました。

7日目

7日目(4月30日)

7日目です。一週間が経過しました。そして4月の最終日です。

やはり一番左の初日に水に浮いていた種は根を出しませんでした。

もう誰が見ても発根している状態です。

もうここまでくれば成長のことを考えれば早く土に植えるべきでしょう

8日目

8日目(5月1日)

8日目です。なんとなく、緑色の葉のようなものが見えてきました。何度も書きますがやはり初日に浮いていた種は変化がありません。

9日目

9日目(5月2日)

9日目。ついに、ついに、緑色の芽がでました。

後々わかりましたがこの芽を出してからの植え付けでは成功しませんでした。本気で育てたい方は絶対に芽が出る前には土に植えつけることをお勧めします!

10日目

10日目(5月3日)

10日目です。もうはっきり芽がでました。

9日目の写真を撮った後にまだ発芽をしていないものは土に植えつけました。後々わかりましたが、9日目に芽が出ていないものは土に植えてもしっかりと定着し成長してくれていますしかし、ここで発芽を迎えた、三つの種は芽が出る前に枯れてしまいました。

なので遅くても芽が出る前には土に植えること

また結果的に3日目に植えたものが一番成長が良いので根が出始めたら早々に植えるのが良いでしょう。

11日目

11日目(5月4日)

11日目です。これを最終日にしました。

しっかり芽がでてきて今にも種の殻から外れそうです。こういう風に成長していくんですね。本当に勉強になりました。

そしてやはり最後まで最初の日に水に浮いていた種は発芽しませんでした。

                                                                          

しかしそれ以外の種はこんな育て方にも関わらず、しっかりと発芽してくれました。さすがサカタのタネさんの種です。

まとめ

・しっかりと発芽させるために植える前に水に1日つけることは有効。

・確実に発芽させるためにティッシュの上で育ててもよいが遅くても葉が出てくるより前できるだけ早くに土に植えることで結果的に早く成長ができる。

・だいたい3日目にははっきりした発根、10日程度で発芽がみられた。

・初日に水に浮いてしまった種は発根、発芽することがなかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました